観葉植物の常識A

癒しの観葉植物

 

 

 

観葉植物の常識A

肥料の量に注意する

観葉植物の肥料やりのこつは、肥料の袋に記載されている量より少なめに
肥料を与えることです。有機肥料もおすすめですが、室内で育てる観葉植物
には害虫が発生しやすくなりますので、考え物です。
また、肥料を全く与えなくても枯れたりはしませんが、肥料を与えた場合より
もやはり成長具合は劣ってしまいます。
そして注意するポイント!観葉植物の元気が無いからといって、肥料の量を
増やすことは、逆効果になります。原因は必ず他にありますので、害虫が
ついていないか、日光は足りているかなどの確認をして下さいね。

 

水やりの1回の量はたっぷりと

観葉植物にお水をあげる時に、1回のお水の量は少なく毎日与えている方が
意外と多いんです。これは間違いです。お水を与える量は1回にたっぷりと
週に2回までが正解です。
なぜ毎日、少しずつの量を毎日与えていけないのかというと、お水の量が
少ないと、根っこまでしっかりとお水が届かないんです。なので底の根っこは
いるまでたってもお水を飲む事が出来なくて、その結果弱ってしまうことが
あります。

 

受け皿にお水を常にためない

常にお水を受け皿にためておくと、観葉植物は根腐れを起こしてしまいます。
一度根腐れを起こしてしまうと、改善できないことがほとんどで、どんどん
弱っていき最終的には枯れてしまいます。
ただし、長期自宅をあける時は、受け皿にお水をはってから出かけましょう。
本当は誰かに預かってもらうことが、一番ですがどうしても見つからない時
もありますよね。最終手段としてこの方法を使用します。

 

土がからからに乾いてしまった場合

お水やりを忘れてしまって、長期自宅をあけていたら、土がからからに乾いて
しまっていた。という経験がある方もいらっしゃると思います。
このように土がからからに乾いてしまうと、鉢の上からお水をいくらあげても
土の間をすりぬけるだけで、一向に吸収しません。
小さい鉢の場合は、鉢ごとお水を張ったバケツなどに入れます。この時の
目安は、空気がぶくぶくと全部出るまで続けます。
大きい鉢の場合は、バケツに入りきらないと思いますので、時間がかかり
ますが、お水がしっかり吸収されているかを確認して行いましょう。

Valuable information

2015/2/9 更新

 

 

 

 

観葉植物の基礎知識

トップページ
上手な育て方
観葉植物の病気
観葉植物の常識@
観葉植物の常識A
お問い合わせ

 

 

Copyright (C) 癒しの観葉植物  All Rights Reserved