観葉植物の病気

癒しの観葉植物

 

 

観葉植物の病気

観葉植物も人間と同じように病気にかかってしまうことがあります。初めて観葉植物
を育てている方でしたら、害虫で病気になっているのか、それとも環境が合わなくて
病気になっているのか判断することが難しいですよね。
もし、環境が悪くて観葉植物が病気になっているのであれば、明るい場所に置いて
お家の中から、外の風を少しあててみてあげて下さい。
害虫などが原因での病気の場合は、お薬をまいても良くはなりませんので、その部
分を取り除いて、様子を見るしかありません。
ここでは、観葉植物についてしまう害虫や、その予防対策などについて紹介して
いきますので、参考にしてみて下さいね。

 

害虫の予防

観葉植物を育てていうと、一度は必ず害虫被害にあいます。なぜついてしまうのか
というと、お部屋の換気をしているだけでも害虫は侵入してきますし、また、購入し
た時点ですでに病気にかかっていることもあります。
例えばハダ二の場合は湿度が高く空気の流れが悪いところを好みますので、この
ような状況だと繁殖のスピードが倍増してしまい、枯らしてしまうことになりかねま
せん。
そこで害虫の予防対策をしましょう。予防の方法は、十分な明るさと、適した水やり、
枯れた葉っぱなどはすぐに処理してあげる。という日常の思いやりが大切です。

 

害虫 ハダニ編

病気の症状

観葉植物でとても人気の高いヤシ類によく発生します。症状としては、葉っぱが細か
い点状になって白っぽくなってきます。葉っぱの裏を見るとクモの巣のような固まりに
なっていますので、すぐに分かるかと思います。
ハダニはクモの仲間なんですね。ですのでこのようにクモの巣をはって、その中で樹
液を吸いながら生活していきます。ですので、ハダニがついてしまった葉っぱはすぐ
に除去してあげて下さいね。

対策

ハダニが観葉植物に発生した場合は、お薬があります。テルスタースプレーといい
ハダニに効果がある薬は現在この1種類になります。
ただし卵には効果はなく、成虫にしか効き目がありません。ですので、かわいそう
ですが、その葉っぱを除去することが一番の方法といえます。
ハダニの予防対策は、ハダニは乾燥した高温状態で繁殖しますので、湿度を適度
に保つことが重要といえます。

 

害虫 カイガラムシ編

病気の症状

カイガラムシはどのような観葉植物にも発生します。葉っぱや枝に白い麺状のもの
を見たことはないでしょうか。その白いものがカイガラムシなんです。
カイガラムシは葉っぱや枝をはい回って、樹液をどんどん吸っていきます。またフン
もしますので、床に落ちる心配もありますね。

対策

カイガラムシが観葉植物に発生した場合は、ベニカDというスプレーのお薬が
よく効きます。とくに成虫には効果絶大です。
ですがスプレーで対策する前にある程度、カイガラムシを取り除いてから行う方が
お薬も浸透しやすくなりますのでおすすめです。

 

害虫 アブラムシ編

病気の症状

アブラムシといえば春が近づき暖かくなってくると発生してきます。よくつく観葉
植物といえばカポックです。カポックの新芽によくアブラムシがついてしまいます。
この新芽の樹液を吸うのですが、樹液を吸われはせっかくの新芽も枯れてしまい
ます。
春先になると、観葉植物をよく見てみて下さい。アリが登っているとアブラムシが
発生している確率が高いですので要注意!

対策

一般のハエ用などの殺虫剤で除去することができます。

Favorite

Last update:2015/2/9

 

 

 

 

観葉植物の基礎知識

トップページ
上手な育て方
観葉植物の病気
観葉植物の常識@
観葉植物の常識A
お問い合わせ

 

 

Copyright (C) 癒しの観葉植物  All Rights Reserved